忍者ブログ
  • 2020.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2020.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/04/05 23:07 】 |
宅建 試験対策テキスト


頑張っているつもりだけれども、努力が実らず試験範囲が全然進まずにいたとしても、
苦手な分野もどんどん頭に入ってくるようになる勉強法がこちら







宅建の試験日から75日日前に勉強を始めたにもかかわらず、一発合格してしまった山口貴史さんは、

それだけの短期間で結果を出したのもすごいと思いますが、

実は1日13時間以上も働いていたと言いますから驚きです。





山口式宅建試験合格勉強法は、その時のやり方をまとめた学習マニュアルで、

どんなに忙しい人でも実践できるように、徹底的に効率を追求し、

要点だけが的確に身につくように、簡潔な文章でまとめられています。



1日当たりの勉強時間として、1時間~2時間30分くらいは必要になるものの、

お風呂に入っている時間や寝る前のちょっとした時間をつなぎ合わせていけばよいので、

モチベーションを上げて机に向かう必要はありません。




具体的にどんな内容になっているのかというと、こちらに詳細な解説がありますので、

ポイントをいくつか紹介していくと↓ような感じです。






■山口流「予想模試の活用テクニック」

■得意科目からではなく「問1」から解くことをおすすめする理由

■独学希望者を陥れようとしている“卑劣な罠”

■マーカーを塗るついでにやった、学習効果最低2倍を保証する「ある単純な作業」

■他の科目で確実に1点、2点を積み重ねたほうが得策となる捨てるべき科目











山口式宅建試験合格勉強法のホームページには、

山口貴史さん宛に届けられた体験談が掲載されています。





この本を読んで意識が変わりました。

もっと早くこのノウハウを知っていれば、これまで苦労はしなかったのに…。

テキストの見方も勉強の仕方も問題文の読み方も変わりました。








彼らの声にあるように、みんないろんな悩みや不安を抱えていたものの、




■暗記するのが苦痛でしょうがない

■他の人と同じようにしているのに、自分だけ忘れている

■頑張って勉強しても一晩過ぎると、忘れてしまっている

■自分は病気じゃないかと思うくらい、物覚えが悪い

■頭が混乱して、どこから手をつけたらいいかわからない









勉強の進め方を抜本的に見直すと、独学でも試験合格のスキルがどんどん身についていきます。


あなたも、短期間で↓のようになることができます。







■これまでの2割の復習の努力と時間で、8割の成果を出すことができるようになる

■分厚い参考書もスラスラと読めるようになる

■リストラにおびえる不安とは無縁のあなたらしさを尊重した人生が送れる

■独学で念願の宅建合格をスピーディーに勝ち取れる

■今まで覚えられなかったことが簡単に覚えられるようになっている











資格予備校や通信教育に高いお金を払うことなく、最小限の努力と時間で試験に合格するにはこちら









復縁センター
松下兄弟
ダーツ投げ方
PR
【2011/08/29 08:07 】 | 宅建 過去問 解説
| ホーム |